CHECK

自由設計の注文住宅とどっちが良い?建売住宅の気になるポイントと解決法などをご紹介!

当サイトでは自由設計の注文住宅と、建売住宅で迷う人に役立つ情報を掲載してます。
建売ならではの気になるポイントと、解決法などもご紹介しているサイトです。
完成済みの住宅を購入する魅力はどこにあるのか知りたい場合にも役立つでしょう。
初めての住宅購入をするのならこれらを押さえて選ぶと安心です。
建売ならば購入金額の総額がわかりやすいため、資金計画も立てやすいというメリットもあります。
予算が決まっている場合におすすめです。

自由設計の注文住宅とどっちが良い?建売住宅の気になるポイントと解決法などをご紹介!

建売住宅と注文住宅のどちらが良いか迷うという人は多いのではないでしょうか。
注文住宅は自分の希望に合わせて家を建てられる自由度が魅力ですが、時間や費用などが多くなりがちです。
その点、建売住宅は早く入居できたり初めから価格が分かっていたりするのが良いところです。
自由度が低いのが建売住宅の気になるところかも知れませんがカーテンレールやシャッターなどのオプションが選べたり、間取りの変更が出来たりすることもあります。

違いがわかりにくい建売住宅と分譲住宅の違い

家を建てる場合、建売住宅か分譲住宅かを悩みます。
この2つの大きな違いは売り方と土地の分割にあり、建売住宅はすでに土地の上に物件が建てられており、土地と建物を一組とし販売しているものになります。
基本的には間取りなどは決まっており、改めて決めることはほぼありません。
完成済みとなっていることも多く、すぐに入居できるのがメリットですし、金額がはっきりとしているので予算が立てやすく、さらに住宅ローンでは土地と建物で一括払いをすることができます。
分譲住宅は大きな土地を区画化し、さらにそこに複数の家を建てて番号をつけ売り出します。
建売は一つの土地に対して一つの家を建てて売り出しますが、分譲は一つの土地を複数に分けて建築を行います。
そのため周囲の家と同じか、似たような外観となることが多く、間取りもデザインも決まっています。
景観に統一感があるものの周囲の家との区別がつきにくく、個性を生かすことはできません。

建売住宅は土地代と建物代のセット価格

建売住宅は注文住宅とは異なり、すでに住宅の規格が決まっており自由に間取りなどを決めることができません。
そのため自分らしさを出したい場合には不向きな住宅なのですが、建売住宅はすぐに住むことができるなどメリットも多数あります。
注文住宅は土地を選んでからハウスメーカーを決め、住宅を建てていきます。
ですが建売住宅は土地と建物が一緒になっていることが多く、価格もすべて込みになっています。
このようなことから住宅ローンを建てる際にも一緒に組むことができ、予算がオーバーすることもありません。
また間取りが決まっていることから家具を早めに用意することもでき、計画を持って引越しをすることもできます。
ただし建売住宅は建築している時に見ることができない他、セット価格となっているため建物にどの程度の費用がかかっているかが不明確な部分があります。
建築会社によってはすべて込みで見積もりを出すこともあるので、建物の費用を把握することが大切になります。

建売住宅の契約はシンプルでわかりやすい

建売住宅を購入したいと考えている場合は、基本的に注文住宅よりもシンプルな内容で契約を結ぶことが可能です。
注文住宅の場合は各自で注文内容を決めていくことになるので、それぞれで条件に違いがありますから、打ち合わせの段階などで揉めてしまうようなことも珍しくありません。
また施工の段階に突入した場合でも、注文の内容と異なっていたりするとトラブルになることもあるので、完成するまでが大変な特徴があります。
建売住宅の場合は完成されている住宅を購入することになりますから、基本的に住宅の状態を簡単にチェックすることが可能です。
そして買主が住宅の状態に納得することができれば、スムーズに契約を結ぶことができますから、注文住宅よりもトラブルが少ないという特徴があります。
料金も最初から決められていますから、各自で購入することができる住宅なのかを簡単に確認しておくことができるのも安心です。
建売住宅の購入であれば住宅ローンなども計画的に活用することができるので、金銭面で問題を抱えてしまう心配もありません。

契約から住み始めるまでの期間が短い建売住宅

建売住宅を購入は、手間や時間をかけずにマイホームを手に入れられることです。
注文住宅を建てるためには、土地や不動産会社を探して決定したらどんな家を建てるか考えなければいけません。
設計のプランが固まったら資材や職人を手配し、それから建設工事が始まります。
建物が完成したら施工不良がないかチェックして、問題がないと判明したら引き渡されます。
不動産会社の契約から引き渡しまでの期間は注文住宅のプランによって違いがありますが、半年から1年ほどはどうしてもかかってしまうため長期間必要です。
注文受託に対して建売住宅は、完成してから売りに出されています。
お気に入りの建売住宅を見つけすぐに契約したら、1か月以内に住み始めることもできます。
契約から住み始めるまで1ヵ月程度に抑えられるなら、急いでマイホームを購入したい人におすすめです。
転勤先の住まい探し、子どもの新学期に間に合わせたいなどの理由で急いでいるなら、建売住宅を検討してみましょう。

建売住宅に関する情報サイト
建売住宅のお役立ち情報

当サイトでは自由設計の注文住宅と、建売住宅で迷う人に役立つ情報を掲載してます。
建売ならではの気になるポイントと、解決法などもご紹介しているサイトです。
完成済みの住宅を購入する魅力はどこにあるのか知りたい場合にも役立つでしょう。
初めての住宅購入をするのならこれらを押さえて選ぶと安心です。
建売ならば購入金額の総額がわかりやすいため、資金計画も立てやすいというメリットもあります。
予算が決まっている場合におすすめです。

Search